コンテントヘッダー

4月担任ホームルームのお知らせ


皆様、こんにちは

4月担任ホームルームの日程が発表となりましたので池袋本校分の日程・内容をご案内いたします。

ご興味お持ちのテーマがございましたら是非積極的にご参加してみてくださいね


*山梨講師*

4月1日(水)15:00~
「出るトコ勝負の民法出題予想演習④」

4月3日(金)15:00~
「出るトコ勝負の行政法出題予想演習③」

4月6日(月)15:00~
「出るトコ勝負の民法出題予想演習⑤」

4月8日(水)15:00~
「出るトコ勝負の行政法出題予想演習④」

4月15日(水)15:00~
「出るトコ勝負の民法出題予想演習⑥」

4月21日(火)18:30~
「国家総合職・国税・労基・財専のための商法」

4月24日(金)18:30~
「国家総合職・労基・財専のための労働法」

4月28日(火)18:30~
「国家総合職・労基・財専のための刑法」


*本橋講師*

4月7日(火)15:30~
「東京都専門記述法律系合格答案のイメージ&ヤマ当て! 第1部」

4月22日(水)15:00~
「東京都専門記述法理系合格答案のイメージ&ヤマ当て! 第2部」


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

スーパーバイザー“本橋講師”による4月新規個別受講相談会のご案内

池袋本校では、担任の本橋講師による受講相談会を下記日程にて実施いたします

2015年市役所・2016年・2017年の公務員試験受験予定の学生・社会人・フリーターの方!
  
公務員試験の事やLECの講座の事、他社との違いetc…なんでも相談OKです
 
ご不安な事は勉強開始前に講師に相談して解消しちゃいましょう!

学生の皆様は親御様とご一緒にご相談ももちろんOKですよ


【相談日】

4月3日(金)13:30~/14:30~
4月4日(土)17:30~
4月6日(月)14:00~/15:00~/16:00~
4月10日(金)16:00~/17:00~
4月11日(土)16:30~
4月13日(月)15:00~/16:00~
4月15日(水)17:00~
4月16日(木)15:00~/16:00~
4月17日(金)15:00~/16:00~
4月21日(火)15:00~/16:00~/17:30~
4月22日(水)17:30~/18:30~
4月24日(金)17:00~
4月29日(水・祝)15:30~/16:30~
4月30日(木)16:00~/17:00~


【対象者】
2015年市役所・2016年・2017年公務員試験を受験予定の方

※LEC受講生の方は担任相談質問日にご予約の上ご相談下さい! 


予約優先となりますので、ご希望の方は池袋本校(電話:03-3984-5001)まで
お電話いただきご予約下さい!!お一人様相談時間は60分です。
もちろん、ご予約いただかなくても空いていればご相談いただけますよ。

皆様のご来校講師・スタッフ一同心よりお待ちしいます!!
コンテントヘッダー

市役所の受験申込みについて

こんにちは、公務員アドバイザーの江坂です
アドバイザー業務も残すところあとわずかです
20日の池袋で行われるイベントには玉田以外のアドバイザーが大集結する予定なので、是非ご参加下さい!!


今回は4月から各自治体・官庁の申込みが始まるので、それに先駆けて、市役所の受験申込みについてお伝えしていきたいと思います。
市役所の受験申込みは各自治体によって異なりますが、今回は2014年度に実施されたものを参考に3パターンくらいに分けて説明していきます

パターン1
ネットor郵送での申込み
氏名・住所・電話番号等を記入して申込みを行う。
※ネットと郵送で申込み方法が選べる場合は、ネットの方が簡単に自宅でできるので、おすすめです。
※このパターンはすぐ申込めるので、受付が開始したらすぐ申込んでしまいましょう


パターン2
ネットor郵送での申込み
氏名・住所・電話番号+志望動機・自己PR等を記入して申込みを行う。
※志望動機や自己PRを申込み時に書かせる場合はしっかり考えたものを記入してください。横浜市は最終面接でも申込み時に記入したものを使用します!また、横浜市以外でも、面接に使用されることはあるので、気をつけて下さい


パターン3
持ち込みのみの申込み
氏名・住所・電話番号+志望動機・自己PR等を記入して申込みを行う。
※持ち込みする際、スーツで行くことをオススメします
持ち込み時に面接が行われる場合が多いです。地元では無い場合、どうして受験しようと思ったのか、なぜ他の自治体ではなく、ここを選んだのか等詳しく聞かれる恐れがあります
面接がある場合には対策をしてから行くほうが良いです


今日で池袋本校の相談ブースに入るのは最後でした。
今まで半年間ありがとうございました


~江坂の相談ブース~
24日16時~20時30分@渋谷駅前本校
これが最後になります
コンテントヘッダー

最近よくある質問(3月ver)

こんにちは、アドバイザーの玉田です。

このブログでも他のアドバイザーが何回か書いてくれていますが「最近よくある質問」を最後にもう一度まとめておこうと思います。

3月に入ってからは教養論文や過去問、面接について聞かれることが増えてきた印象があります。そのあたりの事で気になることがある方は参考にして頂ければと思います。


Q.教養論文が書けないor書ききるのにかなりの時間がかかる、覚えられない・・・

A.まず論文が書けないという方、始めの頃はテキストや資料を見ながらで全く問題ないので、論文マスターの授業を見た後はとにかく自分で書いてみましょう!はじめの頃は書くのに時間がかかってしまうのはしょうがないことなのであまり気にせず割り切っていきましょう!(私もはじめの頃は1テーマ書くのに5、6時間かかっていました。)
そして、書き終えたらほぼ程度丸写しになってしまったり、上手く書けずちぐはぐな論文になってしまったとしても恥ずかしがらずに担任相談に持って行き添削してもらいましょう!
論文は添削を受けた分だけ力がつきます!私も最初に担任相談に論文を持って行き添削していただいたときは自分が書いた論文の大半の部分が直され、ルーズリーフが真っ赤になったのを覚えています(笑)
この時期から本試験までは担任相談もかなり混んでいるので予約は早めに取りましょう!先に予約をとってその日までに論文を書き上げる、という流れで勉強するとメリハリがついて効率良く論文の勉強が出来ると思います!

次に覚えられないという方、本文を丸暗記するのではなく重要な部分・骨組みを流れで覚えるようにしましょう。個人的には、重要な部分に線を引きながら読んだり、声に出して音読したりすると覚えやすかったので参考にしてみてください!


Q.過去問はやった方が良いのか?いつ頃から何年分やったか?

A.過去問はやった方が良いです。時間配分や試験種ごとの細かな傾向を知るという意味で過去問演習はやれるだけやるに越したことはありません。第一志望であれば公開されている分はすべてやる!位の気持ちで取り組まれると良いかと思います。第二志望以下であれば時間がある時に1、2年分やるくらいでも良いかと思います。(LECのコースに各試験種直近2年分の過去問&解説がついているはずです)
時期としては今ぐらいの時期から解き始めると余裕を持って本試験に間に合わせることが出来ると思います。私も昨年の3月から過去問演習をはじめました!
また、過去問演習をする際は年度別にしっかり時間を計り、本番を意識して解きましょう!


Q.地上を併願したいがどこを受験するべきか?また、過去問がないがどう対策すればよいか?

A.まず、どこを受験すべきかですが、出身地や今現在どこに住んでいるかにもよって変わってきますが少しでも縁やゆかりのあるところがあるならそこを受験するのが無難だと思います。(もちろん縁やゆかりがある≠合格ですが)
生まれもお住まいも都内の方が一番困っていらっしゃると思いますが周りの話を聞いていると現在のお住まいから近いところの県庁や政令市を受けている方が多いです。
例えば・・・
板橋区、北区、練馬区辺りにお住まいの方→埼玉県庁、さいたま市
大田区、品川区、目黒区辺りにお住まいの方→神奈川県庁、横浜市、川﨑市
江戸川区、葛飾区、江東区辺りにお住まいの方→千葉県庁、千葉市
のような形で受験されている方が比較的多いです。(もちろん自分の最寄り駅がどこかによっても変わって来ると思いますので参考程度に考えてくださると助かります)

もちろん自分の興味のある分野に力を入れている自治体を受験されるのも良いと思います!

また、都庁を受験される方は専門択一の無い横浜市を受験する方が多いようです。

地元じゃなくても合格している方は沢山居るのでその点の心配は全く必要ないかと思います。

次に過去問ですが地上は過去問が公開されていません。(HPに例題が2、3問載っているのみ) なので不安に思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、特別な対策はほぼ必要有りません!地上特有の専門科目は、もし時間があれば労働法をやるくらいで大丈夫です。
ここからは私見がかなり入りますが、恐らく地上を受ける方は裁判所や国家一般職を受ける方が多いと思うので裁判所や国家一般の過去問をやられると良いかと思います。(裁事は受けない方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)
その2つの教養択一や専門択一(法律・経済)が解けていれば地上の問題が解けなくて困ることは基本的に無いはずです。(それでも解けない問題は誰も解けないので勘マークしましょう)

また、受験ジャーナルに地上の問題を復元した号がある(受験ジャーナル平成27年度vol.3とvol.4)のでそちらを参考にしてみると良いかもしれません。池袋本校に置いてあり、自由に閲覧できるので興味ある方は是非!(持ち出し厳禁)


Q.面接で聞かれることは試験種によって違うのか?

A.基本的にどの面接でも聞かれる事は同じですし、自己PR、今まで頑張ったこと、集団で成し遂げたこと、など自分の経験に基づく質問についてはどの試験でも同じ事を答えれば大丈夫です。志望動機だけは変える必要があるので、筆記後に添削を受けたりして上手く練り上げてください!
各試験種の面接の詳細や面接カードの形式は相談ブースや20日に池袋本校で行われる大相談会(私以外のアドバイザーは全員参加します)で直接アドバイザーに聞いてみてください!



以上になります。参考になるものがあれが幸いです。




私事ですが今日で私の池袋での相談ブース&アドバイザーとしての勤務が最後でした。9月から今まで半年以上、池袋専属アドバイザーとして池袋で沢山相談ブースに入らせて頂きましたので、こちらでも最後の挨拶をさせていただきたいと思います。

最初の頃は全然人が来なくて、生講義の前や休み時間に前で告知したり、顔を出したり、自己紹介のプリントを作ったり、池袋アドバイザー通信を出してみたり、年末年始道場のガイダンスをやったりと、試行錯誤しながら色々なことをさせて頂きました。今となっては懐かしいです。(笑)

上手くアドバイス出来なかったり、受講生皆さんの志望先に自分の合格先がなかったりと(特に都庁志望の方すみません・・・)色々至らない点が多々あったかと思いますが、1回でもブースに来てくださった方、イベントに来てくださった方、私が書いたブログやNAVIの記事、発行物等見てくださった方本当にありがとうございました。

前の記事で皆川君も言っていたように、池袋は公務員試験受験生も多い上に、熱心な受講生の方が多いので、私も非常に快適に、楽しみながらアドバイザー業務をする事が出来ました。受講生の皆さんには本当に感謝しています。

皆さんの受験生活の最後までサポートできないのは残念ですが、皆さんなら大丈夫だと信じています

最後まで自分を信じて突き進んでください!本当にありがとうございました!
コンテントヘッダー

実際の過去問との向き合い方

こんにちは、アドバイザーの皆川です。( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

今日で池袋のブースは最後です!池袋は公務員志望の方が多くて、かなり居心地が良かったです。
今月の20日にも池袋で、池袋専属の玉田君以外が来るアドバイザーイベントがありますので、
もしお時間が合えばぜひいらしてください!!

ということで今回は、「実際の過去問との向き合い方」ということでお話したいと思います。



そろそろ実際の過去問に手を付けようとしている方もいると思いますが、ただ漠然と何年分も解くことはオススメしません。
では何を気をつければいいか?

・まず、しっかり時間を計りながら問題を解きましょう。
→自分も実際に過去問を解いていた当時、最初の2~3年分は練習のつもりで漠然と解いてしまったのですが、それではあまり意味がありません。練習のつもりだとしても、しっかり時間を計り、その時間内で解けるだけ解くようにしてください。

・過去問を解く意味は「時間配分」を知ること
→過去問を解く際に、何を一番意識して欲しいかというと、ずばり時間配分です!
実際に通しで問題を解く機会は、模試・本番の試験・そして過去問しかないと思います。本番をイメージして、自分はどういう順番で問題を解き、どの分野に何分かけ、どの問題を捨てるのか?
これをイメージ出来るのが過去問です。
本番でやることは、この過去問演習とまったく一緒です!しっかり練習したとおり、自分の順番通り解き、時間配分を守り、捨てるべき問題はしっかり迷わず捨てる
このリズムを守ることが合格には絶対に必要です!!

・やるならしっかり傾向把握に努める
→上の二つをやるだけではまだ、足りません。何年分も解くなら、どの分野からどういう問題が、どのような周期で出題されているか、これを分析しないのはもったいないです。
実際に自分の本命だった都庁では、しっかりと過去問分析することで、はっきりとした傾向がありました。
なので、自分なりの山当てや、いらない分野の把握など、過去問から傾向を把握する効果は大きいです。

・今の実力を知ること
→実際に過去問を解いてみると、合格点に届いていた方、思ったよりも点数が取れなかった方、様々だと思いますが、
それが現状です。ではそこからどうするのか?点数が取れなかった方は、取れなかった分野を集中的に克服することで点数は伸びると思います。合格点に届いていた方は、どこをやれば更に安定して点数を取ることが出来るか、それを考えてみてください。
しっかりと現状の自分と向き合うことが、更なる点数UPへの近道です。



過去問を解きだすことで、今まで向き合っていなかった現在の自分を知ることになりますが、そこからが更なる飛躍へのチャンスです。
もうすぐ本番ですが、自分のやってきたことに自信を持って臨めるよう、悔いの残らないように勉強してください。


ではでは、今までありがとうございました!(´・∀・)っ


コンテントヘッダー

試験当日の持ち物

こんにちは!アドバイザーの小林です
池袋本校のブースに入るのも今日と19日を残すだけになってしまいました…
何か聞き逃したことがある方はぜひ相談にきてくださいね


それでは、今回は試験当日の持ち物を紹介したいと思います(*´ω`*)


★必ず持って行くもの★

・受験票
写真が貼られているか必ず確認しましょう

・筆記用具(鉛筆、シャーペン、消しゴム、黒のボールペン)
鉛筆削りもあると便利です

・時計
アラームなどは切っておきましょう


☆持っていくと便利なもの☆

・昼食
試験会場の近くにコンビニなどがある場合もありますが、あらかじめ買っておいたほうが混雑も避けられますし、お昼休みをゆっくり過ごすことができます(´▽`)

・おやつ
脳が疲れたときに糖分を摂取して試験を乗り切りましょう
私はチョコレートを必ず持って行き、試験の合間に食べていました

・上着
試験会場は冷房が効いて寒い場合もあるので羽織るものを持っていきましょう

・参考書、まとめノート
私は試験の休み時間はほとんど勉強しない派でしたが、ぼろぼろになったテキストをぱらぱらと眺めているだけで安心感を得られました

・試験会場の地図
携帯でも検索は可能ですが、念のために印刷して持っていくと安心ですね


以上になります
今回はかなり基本的なものを紹介しましたが、これを参考に各自で試験に必要なものを適宜準備してくださいね


それでは体調に気をつけて勉強頑張ってください
コンテントヘッダー

特別区志望者必見!「東京都特別区試験制度&志望3区選択講座」

皆様、こんにちは

昨年も好評をいただきました「東京都特別区試験制度&志望3区選択講座」を今年も水道橋本校で実施いたします。

特別区では、出願時に出願用紙に志望3区を書く欄があります。
人気の区、不人気の区、下町の魅力、志望3区モデルケース、その他特徴のある区の情報を知った上で出願するのと知らないで出願するのでは大きな違いがあります。
また、特別区については、今年度から1次試験で性格検査が実施され、面接が1回になるなど試験制度が変更されます。本講座では、出願前に押さえておくべき特別区の最新情報をお伝えします!!


【実施日時】
3月24日(火) 16:30~18:30

【実施校】
LEC水道橋本校

【WEB配信予定日】
3月25日(水) 20:00頃を予定

【担当】
新谷 浩史LEC専任講師


料金など詳細はこちらよりご確認下さい

なお、2015年合格目標LEC公務員コース生は無料ですよ!!

コンテントヘッダー

QMで飛ばしていた分野

こんにちは、アドバイザーの玉田です。


3月に入り、クイックマスター(以下QM)の演習も2周目3周目と段々回数を重ねていらっしゃる方が多いかと思いますが、QMって結構分厚いですよね・・・(私も受験生時代「こんなに分厚くてどこが"クイック"だよ・・・」とか心の中で愚痴をこぼしながら勉強していました 笑)
分厚くて1周するのも一苦労で、ものすごく時間がかかってしまい、「このままでは本試験までに回しきれない・・・」と感じた私は2周目以降は分野によっては飛ばしたりしていました。


そこで今日は私が受験生時代、QMの中でも切り捨てていた部分・飛ばしていた部分とその理由を書いていこうかと思います。


1.教養系科目
数的と文章理解の現国、人文科学、自然科学に関しては、応用問題を含め基本的にすべての問題を解いていました。ただ、物理や化学は苦手だったので基本問題を中心に解き、解説を読んでもわからない応用問題は切り捨てていました。
社会科学については大部分が専門科目と被るので基本的に飛ばしていましたが、一部被らない部分があることに昨年のこの時期気づいたのでその部分だけ1周しました。(国際関係・国際経済・戦後経済史・経済指標など)


2.法律系科目
応用問題を含め基本的にすべての問題を解いていましたが、学説問題(○○については次の2説がある。A説:~、B説:~、といった説明文が最初にあるような問題)は飛ばしていました。学説問題はそもそも難しくて解説を読んでも十分に理解できないことが多かったですし、最近の本試験ではそんなに出題がないと思ったので2周目以降は飛ばしていました。
また、民法2の家族法の部分は全て丸々捨てていました!特別区や国家一般職では民法2からの出題が5問ある中で家族法からの出題は大抵1問、裁判所に至っては民法からの出題が13問(1と2合わせて)もあるにもかかわらず、家族法からの出題が無いということだったので捨てようと決めました!民法2は難しく量も多いため苦戦している方が多いと思いますが、家族法の部分が丸々無くなると考えれば負担もだいぶ減るのではないでしょうか?


3.経済系科目
私は昨年の年明けぐらいから高坂先生の経済原論のHRに参加しており、そこで高坂先生が解けるようにしておいたほうが良いとおっしゃっていた問題だけ解くようにしていました。(今年も高坂先生はHRを実施してくださっており、恐らくですがHRの趣旨・内容も昨年ベースだと思われるので、経済原論が苦手な方は参加してみてはいかがでしょうか?)
QMの経済原論はミクロもマクロも難しい問題が他科目に比べて結構多いと思うので、QMの問題があまり解けないという方は一度経済の先生に相談し、どの問題を解くべきか教えてもらったほうが良いと思います。
よく「裁判所や国般、地上の経済は難しいから応用までできないとまずいですよね・・・」という悩みを受講生の方から受けますが、個人的には基本問題だけ押さえておけば十分合格点に達すると思います。(他科目にも通じることですが、難しい問題はどうせ誰も解けません 笑)


4.学系科目
応用問題含め基本的にすべての問題を解いていました。私は国家一般職も受験すると決めていて、国家一般職の学系科目は難しいと聞いていたので応用問題まですべて解いていましたが、例えば「特別区に特化した対策がしたい!」という方は基本問題だけでも良いかもしれません。


以上が私がQMの中で飛ばしていた部分です。苦手な科目でも丸々捨てるのではなく、分野毎に勉強する・しないを決めたほうが良いと思います。
ただし、この記事を読んでくださっている皆さんと私とでは受験予定先が異なっている可能性もあるのでそこは考慮した上で自分の勉強に活かしてみて下さい。自分ひとりでは判断がつかない場合は担任の講師の方に話を聞いてみることをオススメします!参考になれば幸いです。


~3月の玉田の相談ブーススケジュール~
玉田
男性 新卒
最終合格先:千葉県庁、特別区、裁判所一般職、国家一般職
(国税専門官も筆記試験通過)
9日13時~20時半 池袋
10日16時~20時半 水道橋
12日13時~20時半 池袋
13日13時~20時半 池袋
14日13時~17時半 新宿
15日11時~18時半 池袋
コンテントヘッダー

教養論文の書き方

こんにちは、公務員アドバイザーの猪口です

今日は、池袋校舎にお邪魔しています。

さて、そろそろ教養論文に力を入れる人が多くなってくる時期ではないでしょうか?
そこで、私が昨年教養論文をどう書いていたのかのについて、お伝えしたいと思います。

先ずは、なんと言っても論文の型を覚えましょう。論文の書き方は一つだけでは有りませんが、一度自分に合った型を覚えると、様々な論文に対応することが出来るようになります。
講義や道場などで型を覚えることがオススメです!!

次に私が昨年用いていた論文の書き方を紹介します。
私は都庁志望だったので、都庁の論文に対応した型になりますが、その点はご了承下さい。

Ⅰ先ずは現状と課題を書く(以下少子化を例に)

 都の出生数は減少傾向にあり、少子化が進展している。その一方で高齢出産は増加しており、高齢出産に対応した環境整備が不足している。また、保育所の定員数が増加しているにも関わらず、待機児童が約8千人に昇ることから待機児童を減らすことも必要である。~

Ⅱ対策・施策について書く

 では、具体的にとはどのような取組みを行っていく必要があるか。以下3つの点について提案する。
 一点目は「週産期医療の充実」である。上述のように都における高齢出産数は増加している。高齢出産は死産や低出生体重児のリスクが高いため、安心して子どもを産めるようハイリスク妊婦に対応した医療体制を確立する必要がある。例えば、容体が急変した場合に迅速な対応が可能な救急体制を整えることや、新生児集中治療管理室(NICU)を増やすことである。これに関して都は、~(都の実例を述べる)。一方、~はまだ不十分であるから、今後はさらに~という取り組みをしていく必要がある。
 二点目は~である。
 三点目は~である。
以上の取組みを実施することで、子どもを安心して生み育てる環境を整えることができ、少子化に対して歯止めをかけることが可能になると考える。

===================================================================================

施策について述べる際の書き方を、もう少し詳しく説明すると、

①まず端的に施策を言い切る。
②施策の方向性について述べる。(~だから、・・・が必要である。)
③都が現状取り組んでいる施策について触れる。(これに関して、都は~という取組みをしている。)
④都の施策で不十分な点やより改善した方が良い点を指摘する。(しかし(一方)~はまだ不十分である。)
⑤自分なりの改善策を述べる。(今後はさらに~という取り組みを推進する必要がある。)
⑥必要な場合は改善策を掘り下げる。(この取組みは、○○といいう~)
の順で論を展開するようにしていました。

これは他にも応用が利くので、オススメです。
あくまで私の用いた書き方なので、NAVIで紹介した岡君の書き方なども参考にしてみてください。

最後に、告知になりますが、3月23日に最後の都庁イベントを実施します
この中で、私達アドバイザーが実際に用意をした論文のサンプルを差し上げます。
論文作成の際に参考になると思うので、欲しいという人は是非イベントにご参加下さい。お待ちしております。
コンテントヘッダー

平成27年度東京都職員採用試験について発表がありました!!事務採用数もUP!!

皆様、こんにちは

都庁受験生は必見ですよ!!

東京都より平成27年度職員採用試験については発表となりました。
以前の発表に追加して都ⅠA(一般)事務、都ⅠB(一般)行政においては面接が従来2回実施していましたが1回に変更となりました。

詳細発表は3月10日(火)予定です。

今回の発表はこちらをクリックしてご確認ください!!

事務区分・技術区分ともにオリンピックの影響もあり採用数UPですよ


プロフィール

LEC池袋本校

Author:LEC池袋本校
公務員試験予備校、LEC池袋本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC池袋本校★
〒171-0022
豊島区南池袋1-25-11第15野萩ビル(受付4階)

各線池袋駅東口より徒歩3分
または地下通路進み、39番出口より徒歩1分

電話番号:03-3984-5001

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR