FC2ブログ
コンテントヘッダー

最近よくある質問(3月ver)

こんにちは、アドバイザーの玉田です。

このブログでも他のアドバイザーが何回か書いてくれていますが「最近よくある質問」を最後にもう一度まとめておこうと思います。

3月に入ってからは教養論文や過去問、面接について聞かれることが増えてきた印象があります。そのあたりの事で気になることがある方は参考にして頂ければと思います。


Q.教養論文が書けないor書ききるのにかなりの時間がかかる、覚えられない・・・

A.まず論文が書けないという方、始めの頃はテキストや資料を見ながらで全く問題ないので、論文マスターの授業を見た後はとにかく自分で書いてみましょう!はじめの頃は書くのに時間がかかってしまうのはしょうがないことなのであまり気にせず割り切っていきましょう!(私もはじめの頃は1テーマ書くのに5、6時間かかっていました。)
そして、書き終えたらほぼ程度丸写しになってしまったり、上手く書けずちぐはぐな論文になってしまったとしても恥ずかしがらずに担任相談に持って行き添削してもらいましょう!
論文は添削を受けた分だけ力がつきます!私も最初に担任相談に論文を持って行き添削していただいたときは自分が書いた論文の大半の部分が直され、ルーズリーフが真っ赤になったのを覚えています(笑)
この時期から本試験までは担任相談もかなり混んでいるので予約は早めに取りましょう!先に予約をとってその日までに論文を書き上げる、という流れで勉強するとメリハリがついて効率良く論文の勉強が出来ると思います!

次に覚えられないという方、本文を丸暗記するのではなく重要な部分・骨組みを流れで覚えるようにしましょう。個人的には、重要な部分に線を引きながら読んだり、声に出して音読したりすると覚えやすかったので参考にしてみてください!


Q.過去問はやった方が良いのか?いつ頃から何年分やったか?

A.過去問はやった方が良いです。時間配分や試験種ごとの細かな傾向を知るという意味で過去問演習はやれるだけやるに越したことはありません。第一志望であれば公開されている分はすべてやる!位の気持ちで取り組まれると良いかと思います。第二志望以下であれば時間がある時に1、2年分やるくらいでも良いかと思います。(LECのコースに各試験種直近2年分の過去問&解説がついているはずです)
時期としては今ぐらいの時期から解き始めると余裕を持って本試験に間に合わせることが出来ると思います。私も昨年の3月から過去問演習をはじめました!
また、過去問演習をする際は年度別にしっかり時間を計り、本番を意識して解きましょう!


Q.地上を併願したいがどこを受験するべきか?また、過去問がないがどう対策すればよいか?

A.まず、どこを受験すべきかですが、出身地や今現在どこに住んでいるかにもよって変わってきますが少しでも縁やゆかりのあるところがあるならそこを受験するのが無難だと思います。(もちろん縁やゆかりがある≠合格ですが)
生まれもお住まいも都内の方が一番困っていらっしゃると思いますが周りの話を聞いていると現在のお住まいから近いところの県庁や政令市を受けている方が多いです。
例えば・・・
板橋区、北区、練馬区辺りにお住まいの方→埼玉県庁、さいたま市
大田区、品川区、目黒区辺りにお住まいの方→神奈川県庁、横浜市、川﨑市
江戸川区、葛飾区、江東区辺りにお住まいの方→千葉県庁、千葉市
のような形で受験されている方が比較的多いです。(もちろん自分の最寄り駅がどこかによっても変わって来ると思いますので参考程度に考えてくださると助かります)

もちろん自分の興味のある分野に力を入れている自治体を受験されるのも良いと思います!

また、都庁を受験される方は専門択一の無い横浜市を受験する方が多いようです。

地元じゃなくても合格している方は沢山居るのでその点の心配は全く必要ないかと思います。

次に過去問ですが地上は過去問が公開されていません。(HPに例題が2、3問載っているのみ) なので不安に思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、特別な対策はほぼ必要有りません!地上特有の専門科目は、もし時間があれば労働法をやるくらいで大丈夫です。
ここからは私見がかなり入りますが、恐らく地上を受ける方は裁判所や国家一般職を受ける方が多いと思うので裁判所や国家一般の過去問をやられると良いかと思います。(裁事は受けない方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)
その2つの教養択一や専門択一(法律・経済)が解けていれば地上の問題が解けなくて困ることは基本的に無いはずです。(それでも解けない問題は誰も解けないので勘マークしましょう)

また、受験ジャーナルに地上の問題を復元した号がある(受験ジャーナル平成27年度vol.3とvol.4)のでそちらを参考にしてみると良いかもしれません。池袋本校に置いてあり、自由に閲覧できるので興味ある方は是非!(持ち出し厳禁)


Q.面接で聞かれることは試験種によって違うのか?

A.基本的にどの面接でも聞かれる事は同じですし、自己PR、今まで頑張ったこと、集団で成し遂げたこと、など自分の経験に基づく質問についてはどの試験でも同じ事を答えれば大丈夫です。志望動機だけは変える必要があるので、筆記後に添削を受けたりして上手く練り上げてください!
各試験種の面接の詳細や面接カードの形式は相談ブースや20日に池袋本校で行われる大相談会(私以外のアドバイザーは全員参加します)で直接アドバイザーに聞いてみてください!



以上になります。参考になるものがあれが幸いです。




私事ですが今日で私の池袋での相談ブース&アドバイザーとしての勤務が最後でした。9月から今まで半年以上、池袋専属アドバイザーとして池袋で沢山相談ブースに入らせて頂きましたので、こちらでも最後の挨拶をさせていただきたいと思います。

最初の頃は全然人が来なくて、生講義の前や休み時間に前で告知したり、顔を出したり、自己紹介のプリントを作ったり、池袋アドバイザー通信を出してみたり、年末年始道場のガイダンスをやったりと、試行錯誤しながら色々なことをさせて頂きました。今となっては懐かしいです。(笑)

上手くアドバイス出来なかったり、受講生皆さんの志望先に自分の合格先がなかったりと(特に都庁志望の方すみません・・・)色々至らない点が多々あったかと思いますが、1回でもブースに来てくださった方、イベントに来てくださった方、私が書いたブログやNAVIの記事、発行物等見てくださった方本当にありがとうございました。

前の記事で皆川君も言っていたように、池袋は公務員試験受験生も多い上に、熱心な受講生の方が多いので、私も非常に快適に、楽しみながらアドバイザー業務をする事が出来ました。受講生の皆さんには本当に感謝しています。

皆さんの受験生活の最後までサポートできないのは残念ですが、皆さんなら大丈夫だと信じています

最後まで自分を信じて突き進んでください!本当にありがとうございました!
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LEC池袋本校

Author:LEC池袋本校
公務員試験予備校、LEC池袋本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC池袋本校★
〒171-0022
豊島区南池袋1-25-11第15野萩ビル(受付4階)

各線池袋駅東口より徒歩3分
または地下通路進み、39番出口より徒歩1分

電話番号:03-3984-5001

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR