FC2ブログ

併願先を決めるにあたって

こんにちは。
アドバイザーのYです

最近私の相談ブースに来てくれる受講生の方から、
「ブログ見てますよ」との声をもらってとても嬉しく思います。
ありがとうございます。

受験生の皆さんも併願先をどうするか
迷っている方が多いのではないかと思います。

個人的には年内に大体の受験先を決めておくと良いと思っているので、
質問を受けた際にはそうアドバイスしています。

参考までに、併願先を決めるにあたって大切にしたいことを紹介します。

優先度の高いものから書いていきますね。


就職先で自分が何をしたいか

まずはやはりこれだと思います。

私は去年の今頃東京都と特別区両方のK-FORUMに参加して、
それぞれの現役職員の具体的な仕事やキャリアプランを知りました。

どちらも「都内で働く」ことは同じですが、
K-FORUMに参加した結果、
私は広域自治体である東京都で働きたいという気持ちが強くなり、
東京都に決めました。
そのため同じ広域自治体を併願先にすることにしました。

また、私は前職が営業職という
限定された職務内容であったことから、

今度仕事を選ぶ時には幅広い業務内容の中から
自分に向いている分野を見つけたいという気持ちがありました。

大学受験の学部選択と同じように、
就職先も一度働き始めると簡単に方向性を変えられません。

自分が何をやりたいのかを考えて、それに合ったところにしましょう。


どこで働きたいか

当たり前ですが、受験先によって勤務地が異なりますし、
転居を伴う異動があることもあります。

地方公務員であれば出向等の例外を除いて
その土地から動くことはほぼないです。

東京都と併願する広域自治体を選ぶにあたっては、
「どこで働きたいか」
「志望動機を考えて自分と接点があるのはどこか」
を考えて埼玉県に決めました。

個人的には、自身の人生を振り返っても何も接点がないところを受験するのは、
面接カードを書くときに苦労するのではないかと思っています。

また、私はなるべく都内を離れたくないという気持ちが強かったこともあって、
東京都と埼玉県と併せて国立大学法人等職員を選びました。

自分がどの土地に身を置きたいかを考えてみましょう。


好きな科目・得意分野

皆さんの中には、
「公務員なら何でも良い」
「場所なんてどこでも良い」
という方もいるかもしれませんね。

その場合は自分を活かすことができる受験先を選ぶことが大切です。

例えば、一般的に地方公務員試験より国家公務員試験の方が
知能分野(数的処理、文章理解)の出題数が多いです。
ですので、知能分野が得意な方は、
国家系の方が筆記試験だけ見れば合格する
可能性が高いのではないかと思います。

また、面接試験が得意だという方は、
自治体にもよりますが、地方公務員試験の方がより面接重視です。
配点として明らかに面接に重きが置かれていることも多いです。

過去の実施状況等を参考にして、
その自治体が筆記で多く落とすところなのか、
面接で多く落とすところなのかを調べてみましょう。

それが合格への近道になると思います。


苦手科目

勉強してもどうにも苦手で克服できないという
科目もありますよね。

むしろ大学受験の時に苦手だった科目を
好きになることの方が少ないと思います。
その苦手科目の出題数が明らかに多いところを
避ける
という方法もあります。

例えば私が受験した先で言えば、
経済が苦手な方の場合、
東京都は専門記述が10科目中3科目を選択して記述するので、
経済をやらないこともできます。

しかし埼玉県では、経済原論12問をはじめとして経済系が21問出ます。
埼玉県では経済を避けようがないです。


以上4つの大切にしたいことを書きました。
とっても長くなってしまい、すみません。


総じて言えることは、
自分をよく知り、相手をよく知ることだと思います。

皆さんが良い選択をして、合格を掴み取ることを願っています
がんばりましょう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LEC池袋本校

Author:LEC池袋本校
公務員試験予備校、LEC池袋本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC池袋本校★
〒171-0022
豊島区南池袋1-25-11第15野萩ビル(受付4階)

各線池袋駅東口より徒歩3分
または地下通路進み、39番出口より徒歩1分

電話番号:03-3984-5001

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR